パラサイクリング 山陽小野田合宿 @山陽オートレース場

佐藤です。

今年4月よりVC Fukuokaのチーム運営と並行し、
日本パラサイクリング連盟のコーチングスタッフとして活動しております。

当サイトはVC Fukuokaの情報発信がメインとなりますが、
より多くのみなさまにパラサイクリングの活動を知って頂きたいと共に、
福岡県近隣の山口県山陽小野田市での活動という事で、
ご紹介させて頂きます。

ということで今回は、
4/25~4/30まで山陽オートレース場にて行われた、
「山陽小野田合宿」の様子をご紹介致します。

無題
山陽小野田市の位置です
山口県は広いですが、九州から割と近くです

18452394_1230835257024956_545448431_o 
関門海峡は人道を通り…

 

18452616_1230835243691624_1307325785_o
関門海峡を渡ればその後は自転車で30分です
ちなみに福岡市西区を出発して、自走で120㎞でした!

18452045_1230835133691635_1347957507_o
まずお出迎え頂いたのは、「ドライブインみちしお」名物、貝汁!(左)
自走後という事もあり、たまらないおいしさ
グルメライドの目的地にもいいかもしれませんね

18426526_1230835160358299_1263536791_o
そしてやってきました合宿のメイン会場「山陽オートレース場」!

18426178_1230835123691636_1933644740_o
練習場となるオートレース場内はこんな感じ
オートレースをご存じない方もいらっしゃるかと思いますが、
私もあまり知らない世界でした

18452351_1230835253691623_887831723_o
1日のスタートは散歩から
 

18426675_1230835097024972_691958179_o
山陽小野田市、そして山陽オートレースからの歓迎ぶりが伺えます
 

18451943_1230835077024974_1552782556_o
走路は1周500m、上の写真のように広く外側のラインを走ると700m!!
競輪場よりもだいぶ大きいんです

18406401_1230835130358302_1355688241_o
期間中は完全に貸し切りで、もちろん車は入ってきませんし、当たり前ですが信号もありません
止まらずに走れるので最高の練習環境です

18426894_1230835073691641_418920850_o
2日目は1日中雨だったのですが、施設も広く、
またウェイトトレーニング設備もあって、
室内トレーニングに不自由しませんでした!

18471982_1230835033691645_1559128051_o
部屋の片隅ではトレーナーが選手の体のケアを行ない
選手はいつも良いコンディションでトレーニングを行なえます

18472248_1230835080358307_1146546651_o
部屋といえば、選手やスタッフが生活する部屋はこんな感じ
私自身もこんな大部屋は過去最高の大きさです

18406398_1230835013691647_1873165618_o
ちなみに今回から、3月まで中距離トラックの日本代表選手として活躍していた
「倉林巧和」選手が合流
チームにも新たな風が吹き始めました

18427036_1230835280358287_22513496_o
名物「瓦そば」

18472060_1231115990330216_778066935_o
食事もトレーニングと言われますが、
練習場と施設が隣接していて、
食堂のおばちゃんがいつも美味しい食事を用意して下さり、
練習が終わるとすぐに食事を始められるのは非常にありがたいことです

18452581_1230835293691619_1416206383_o
食堂はミーティング会場となったり、

18406435_1230835140358301_1520015226_o
栄養指導の勉強会会場となります

18452121_1230835340358281_972146636_o
そして山陽小野田市の藤田市長をはじめ、
山陽小野田市職員のみなさま、
山陽オートレース選手のみなさまによる歓迎会を開いて頂きました

18451945_1230835027024979_670381441_o
選手はこのような素晴らしいご支援、声援を力に、
2020年の東京パラリンピックで活躍できるよう、
今から準備を進めています!

なお、5/14(日)、同会場にて、
山陽オートサイクルミーティング(スペシャルオリンピックス競技会併催)が開催されます。



その他2017年5月12日