2019おおいたレポート 松田真和

松田真和

<おおいたクリテリウム/DNF>

去年は気づいたらメインより後ろの集団に入ってしまっていたので、
今年は前方で走るべくスタート位置も前の方へ。

しかし焦ってクリートがすぐにはめられず、思ったような位置では走り始められなかった。

スタートで出遅れると、そこから位置を上げる力はなくインターバルがきつい。

気づいたら中切れが起きていてメインから遅れ、十数周で足切りに。
去年のデジャヴのようなレースだった。

 

<おおいたアーバンクラシック/DNF>

道幅は狭くてコーナーは多く、前にいないとインターバル地獄になるコース。
逃げが決まるまでは絶対に前目でこなしたい。

スタート直後は割といい位置を走れていたが、
1周目の途中でコースミスがあり、集団が大きく分裂してしまう。
自分はコースミスはしなかったものの、集団から離れてしまった。
何とか自力で復帰は出来たものの、これで一気にきつくなる。

まだ逃げは決まっていないようで速いペースが続き、
2周目の途中で千切れてしまった。

しばらく1人で走っていると、
松木さん佐藤さんを含む十数人の集団が来たのでそこで走るも50km地点で足切りに。

自分の中で区切りのレースだったが、弱いなぁと実感した2日間だった。
これで今年のレース活動は終了。

応援、サポートして下さった方々、ありがとうございました

 



2019年8月16日