パラサイクリング ワールドカップ @オステンド その③

佐藤です。

引き続きパラサイクリングの活動報告です。
5/20~21 ロードレース競技が行われました。

18721101_1242287095879772_1933062905_o
まずはトライシクル(三輪)競技から
こんなところを走り抜けます

18720835_1242287102546438_1266818965_o
続いてハンドサイクル競技

18699040_1242287109213104_1038077336_o
出走サインは係りの方が選手にボードを渡して回ってます

18745040_1242287059213109_1372018913_o
第一コーナーの飛び込み

18698845_1242287079213107_384052312_o
市街地からこんな住宅地へ
コースはガチガチに規制されているわけでもなく、レースが身近に感じる

18698785_1242301832544965_399315548_o
そして日本チーム男子3人が参戦したCクラス

18721133_1242301835878298_1423611675_o
日本チーム男子の中では相園選手の9位が最上位

18720790_1242321835876298_2055988498_o
日本チーム 女子はタイムトライアル3位の野口選手(先頭から2番目)

18698610_1242287075879774_967876908_o
そして日本チームは参戦していないBクラス(タンデム競技)

18698813_1242287055879776_805367237_o
欧米の選手はとにかく体が大きい
ダンシングは前と後ろの息が合わないとなかなか難しいはずだが、
難なく立ち上がっていく

18698983_1242287119213103_2016027390_o
ロードレースでの日本チーム最高成績は野口選手の3位

パラサイクリングの国際レースを目の当たりにしたのは初めてでしたが、
障害の軽いクラス(C4、C5クラスなどはC1、C2クラスに比べて障害が軽い)は、
日本のプロカテゴリーとほぼ変わらないんじゃないかと思うほど。
特に普段馴染みのないハンドサイクルやタンデム競技の迫力に衝撃を受けました。

選手村となっているホテルでは、
洗練された肉体の世界の有力選手たちの生活を垣間見ることができ、
現役選手として競技を行なっている自分としても刺激を受けました。

もし万が一、自分の人生で何か体に障害を負ってしまうようなことがあっても、
このように競技に取り組むチャンスがあるということを、
少しでも多くの人に伝えていきたいと思います。

 

~番外編~

 

18720758_1242287169213098_1905907224_o
ゴール手前100メートル付近
レースが実に浸透している感じ

18742650_1242287089213106_1315097479_o
レース後はそのままコースを抜けてホテルへ

18742445_1242291919212623_1318981207_o
その途中のコースサイドには…

18742629_1242287212546427_1625506587_o
こんな教会があります

18721386_1242287152546433_1525432165_o
コースサイドの少年①

18676705_1242291915879290_1354311178_o
コースサイドの少年②

18698805_1242287052546443_116037038_o
ホテル内でのウォーミングアップ

18721066_1242291922545956_1876966028_o
日本チームはマッサーが帯同し選手のコンディションに気を遣う

18698837_1242287105879771_1494714868_o
レース当日の朝 部屋で食事をする選手

18698910_1242287215879760_2114084488_o
食事の時間がレーススタートと会わない場合は、
スタッフの栄養士が食事の用意を行なう

18618824_1238169816291500_1497590328_o
ホテルの食堂

18698694_1242287135879768_1967020677_o
ホテルのラウンジ的カフェ

18698641_1242287129213102_1311248137_o
最終日レース後は、多国籍の選手たちが集まり互いの労をねぎらっていた

18720813_1242287132546435_19654989_o
最終レース後のイタリアチーム祝勝会!?の様子

18618141_1238169896291492_1693419392_o
イタリアチーム首脳陣はだいたいいつもラウンジにいて、
ジロ・デ・イタリアやサッカーの試合を見たり、
夜遅くまでカードゲームをしていたり、陽気な感じ

18742230_1242287122546436_207645508_o
最後の朝、少しだけ時間があったので隣町まで軽くトレーニング
虫がバチバチと体に当たるのさえなければ本当に気持ちがいい

18721013_1242287112546437_1376102862_o
こんなトレーラーに荷物を積み込んで、オステンドを後にしました

おわり

 

 



遠征日記2017年5月26日