パラサイクリング合宿@御嶽濁河高地トレーニングセンター

佐藤です。

7/11から1週間ほど、パラサイクリングナショナルチーム合宿の為、
岐阜県の御嶽高地トレーニングエリアにて合宿を行ないました。

20182617_1291881890920292_174656015_n

今回滞在させて頂いた「御嶽濁河高地トレーニングセンター」のご紹介です。

20179935_1290993291009152_1953456121_n[1]

まずは、なんといっても標高です。
1708.4m!!

20182510_1292030004238814_655403561_o

陸上トラックもあり、全国から高地トレーニングを目的に多くの団体が訪れます。
我々にとっては毎朝の散歩コース…

20182654_1290993324342482_2054770880_n[1]

写真真ん中奥、「19℃」
連日30度を超す猛暑がニュースになっていますが、ここは合宿期間中は20℃前後。
朝夕は涼しく、日中も練習ができるのですが、
逆に下界に降りるのが少し恐くもあります(^^;)

20217260_1291445084297306_1368002017_n[1]

ジムの機材は清潔感があり、機材も揃っていて、天候不順でも良いトレーニングができます。

20136720_1290993247675823_540330183_n[1]

そしてなかなかお目にかかれない低酸素室。
既に1700mの標高で低酸素室に入らなくても良いトレーニングはできると思いますが、
より高地でのレースや登山をするアスリートに利用されているようです。

20187875_1291445054297309_2054659780_n[1]

高地トレーニングは一歩間違えるとコンディションを落としてしまい、
リスクとの隣り合わせですが、専門知識をもったスタッフが常駐しているので安心です。

20158538_1290993274342487_1240681991_n[1]

今回は、ナショナルチームということで、
日々のコンディションチェックを行ない、安全にトレーニングを行なうことができました。

20136593_1290993307675817_216632681_n[1]

施設の至る所に体重計が置いてあり、
日々の体重増減確認、トレーニング後の脱水予防など、
こまめに体重チェックをすることができます。

20187716_1291458194295995_1566250007_n[1]

そして活動拠点に3食の食事が用意されていること。
わざわざ移動する必要もなく、
トレーニング後素早く食事をとる事ができるのが大きいです。
長時間ライドの時などは、お昼を不要とすることもできるので、
トレーニングの都合に合わせることができるので便利です。

そして…

20187814_1290993297675818_996303599_n[1]

大切な水分補給

20158266_1290993267675821_1232698761_n[1]

トレーニング後の洗車に困らない水道

20136621_1290993314342483_302599911_n[1]

リカバリーに欠かせないアイシング用の氷

20158537_1291445134297301_1142192185_n[1]

渋滞知らずの8台の洗濯機

20158420_1290993304342484_2101528571_n[1]

翌日のトレーニングに備えた配慮。

などなど、トレーニング周辺環境についても、ストレスが排除されています。

そのほか、写真はないですが温泉もあります。
今回、落車による擦過傷があったのですが、
通常完治に2週間程度の傷の大きさだったのですが、
1週間で完治しました。
いつも以上に治りが早かった気がします!(^^)!
温泉効果なのかはわかりませんが…

スポーツ選手にとって大切な、
・トレーニング環境
・食事
・休息
これらに集中して取り組める、
正にアスリートファーストなトレーニング施設でした。

 



遠征日記2017年7月19日