10/10 Challenge 200 Training レポート

10/10に開催しました、一般参加のみなさまを交えた長距離練習会のご報告です。

練習会の内容はこちら

開催地は佐賀県佐賀市の山の中。
福岡市内からも1時間程度、長崎県大村市のサイクルフレンドタカタからも1時間程度で到着可能の場所です。

14502977_1301626323190370_8633712389003386063_n

今回は、一般参加のみなさま15名、VC Fukuoka13名、サポートスタッフ2名。

14671280_1301626376523698_8608953635448046857_n

そして、なんと佐賀市役所より1名の方が、視察に来て下さいました。
ご存じなかったルートもあったとか…
将来、このコースで全日本選手権開催を!!
それほど素晴らしいコース。

今回は、ツール・ド・おきなわを目指すみなさまも多いため、
普久川ダムに見立てた7㎞程の登りや、やんばるのアップダウン区間に見立てたコースも含めて、かなり難易度の高いコースに挑んで頂きました。

14522902_1301626436523692_9179044575357090994_n

いつものように、ブリーフィングからスタート。
今回は、140㎞コースと200㎞コース(最終的には、190㎞程度へ変更)。
・20㎞+26㎞の周回コースを複合したコース
・サポートカーからの補給の取り方
・安全な集団走行
・完走するためのペース配分
等、基本事項を確認し、それぞれのコースを2つに分け、
合計4つの集団でトレーニングスタート!

14523291_1301627043190298_3683822856017847562_n

まずは200㎞コースの参加者ご紹介。
ツール・ド・おきなわ210㎞を4度完走されている、レブハフトレーシング山口さん。

14516517_1301626736523662_8630122900619308522_n

サマートレーニングにもご参加頂いた、高校生2人、麻生さん(右)と竹内さん(左)。
今回は200㎞コースに挑戦!

14572841_1301626753190327_4314809174458514365_n

ヴィクトワールしまなみ、宮本さん。
このバイクどこかで見たことがありますね(^^)

14522945_1301626679857001_4855341300643968189_n

英彦山タイムトライアルでも上位入賞の満上さん(右)と、Team SCIROCO 松尾さん(左)も200㎞コース。
登坂力が問われるコース設定であり、練習会の活性化を狙い、ご参加頂きました。
普段はなかなかできない集団トレーニングとのことで、お互いWIN-WINですね。

14606369_1301626983190304_5805933875926657251_n

2年程前、佐藤が志賀島で元気に走る2人の中学3年生に声を掛けたことがあったのですが、
その2人が東さん(左)と小林さん(右)でした。

今回お申し込みを頂き、なんと2年ぶりに再会。
体が大きくなっていてびっくり。
でも元気に走る姿で当時を思い出しました。
チーム名を告げただけだったのですが、憶えていてくれて、嬉しかったです。

14689198_1023324737776010_1425110172_o

小林さんはなんと…スニーカーでの参戦。
シューズをお忘れとのことで、だいぶハンデがありましたが、
キックボクシングで鍛えた足腰で力強く走られていました。
さすがに今回は難易度が高く、今後は少し難易度を落とした練習会も企画しようと思います。

14650322_1301626953190307_2333748428026022554_n

140㎞コースは、英彦山タイムトライアルで上位入賞された、Team SCIROCO 橋爪さん。
少し膝の具合がよろしくないとのことで、しっかり治して、今度は万全でご参加ください!

14666202_1301626773190325_5622701219407052006_n

サマートレーニングにもご参加頂いた、中村さん。
自転車歴は浅いながら、難コースに挑みました。

14650140_1301626793190323_6996865175099633611_n

完全初参加のチームパラボラ、松田さん。(手前)
自転車歴1年5ヶ月と伸び盛り、地脚強化のためにご参加頂きました。

14642391_1301626893190313_577912566223585929_n

ニューバイク投入、チームパラボラ、田中哲さん。(手前)
おきなわ対策の為、昨年に引き続き参戦!

14642391_1301626893190313_577912566223585929_n

佐藤が自転車を始めた頃から一緒に走らせて頂いております、パラボラぐっちさん(愛称)。
昨年に引き続きご参加頂きました。

14516422_1301626659857003_2775081780528690072_n

そして、140㎞コースの敢闘賞有力候補は木村チャンプ!

<140kmコース、ラストの展開>
ラスト2周から強度をアップ。
ラスト2周の登りで残ったのは、パラボラ高口さん、木村チャンプ、
そしてVC Fukuoka 中村
、秋田、青山、宮近の計6名。
最終周の登り序盤で高口さん、後半で宮近が集団から遅れ、
その後、なんと木村チャンプがパンクリタイア!
中村、秋田、青山の3名のデッドヒートの末、中村
が先着。

14600492_359140967752800_1953444056_o

ということで、140㎞のゴール後の反省会。

14697236_359140941086136_343577067_o

木村チャンプは今回は不運でしたが、おきなわGood Luck!です。
近年めきめき力をつけられている写真中央のパラボラ高口さん。
一般参加者のトップでのゴールとなりました。
後日、敢闘賞の「Meitanサイクルチャージ」を贈呈致します!

14516463_1301627186523617_3820357956182415994_n

完走率50%となった200㎞コースの反省会。

<200㎞コース、ラストの展開>
ラスト2周回の登坂。
佐藤(VC)、李(VC)、赤木(VC)、麻生さん、松尾さん、山口さん、井戸川(VC)、宮本さん 
の順でクリア。
最後まで練習強度を高める為、そのままバラバラにならず、頂上で集まって仕切り直し。

最終周に向けた平坦。
佐藤が抜け出し、李が単独追走し佐藤と合流。
後ろを麻生さん、宮本さん、井戸川で協調し追走。
山口さん、レースを控えた赤木はここで終了。

6名となり、最終周の7㎞の登りへ。
①佐藤(山岳賞) 
②李(+3分6秒)
③松尾さん(+7分39秒)
④麻生さん(+8分8秒)
⑤井戸川(+12分53秒) 
⑥宮本さん(+22分50秒)
このままいく予定でしたが、やはり強度を高める為、予定変更!
6名で集まり、最終ゴールへ。

14595780_1301627146523621_392556918936806683_n

平坦で強さを発揮したのは、麻生さん。
前日もかなり走っていたにもかかわらず、
サバイバルの最終ゴールは佐藤に続く2着でフィニッシュ。

14657330_1301627166523619_4331880499392199731_n

でもこの日、オールラウンドに強かったのは、Team SCIROCO 松尾さん。
敢闘賞の「Meitanサイクルチャージ」をGET!
脚質も違うこの2人、良きライバルになりそう。
今後が楽しみです。

ということで、けがや事故なく、無事に終わることができました。
VC Fukuokaの練習会を体験して頂きましたが、
今まで経験したことのない距離だったり、補給の難しさだったり、集団走行の楽しさだったり、
みなさま色々な気付きがあったとのコメントを頂きました。

14581343_1703276609995587_5188142938640936090_n

Photo:麻生さんに撮って頂きました

<ご参考までに佐藤の仕様です>
Bike:COLNAGO V1-r
Shoes:Lintaman ADJUST ROAD PRO
Helmet:LAS VICTORY
Wear : Champion System
Socks:FOOTMAX 
Energy:Meitanサイクルチャージ×8(880kcal)
     ヤマザキ ようかん うめ×3本(525kcal)
     フジパンネオ黒糖ロールwithジャム×6個(推定1500kcal)
Drink:Meitan電解質パウダーwithアクエリアス(500ml)×2
     伊藤園むぎ茶(ヨシケイ福岡様からの協賛品)
           MEDALIST(500ml)

 



イベント2016年10月12日