第7回JBCF 群馬ロードレース Day-1 (みのはら)

こんばんは。

みのはらです。

ここ2日間、第7回JBCF群馬ロードレースに参加するために、群馬CSCへと行っておりました。

本日は、レースレポートを投稿します。

今週の練習のコーナーはお休みします。

 

まず初めに。

今回レース中に結構ガヤガヤ言ってしまいました。常々レース前に唱えている呪文ですが「怪我なく、事故なく、落車なく」

これは自分のために言っているのもありますが、レース全体を通して自分以外の人もそうであって欲しいと思っています。

そのために自分は声掛けをするのですが、どうも「勝ちたい」想いが合わさって言葉が荒くなってしまう。レース中で余裕がないのも相まっていますが・・・泣

そんなわけで、これからもレース中ガヤガヤ言っていると思いますが、私自身も安全に走れていない場面が多々あるので気付いたことあれば言ってほしいと思います。

まとまらないので、終わり!!

 

【クラス】E1

【時間】1時間24分32秒(Top+1秒)

【平均時速】38.32km/h

【距離】6km×9周

【順位】第6位

レースは毎度のことながら詳細を覚えきれないので、時系列に沿って書いていきます。

アップは1時間前くらいに開始。

20分程度で少しずつ心拍を上げていき→最後ちょこっとだけスプリント→流し、にて終了!

そしてレース前にトイレに行きたくなる症状が発症。こうなるとレース前15分以内に3回くらいトイレに行きたくなります。

Uさんに自転車を持ってもらってトイレダッシュ。ありがとうございました。

 

レースはローリングスタートにて開始しました。が、なんか走りづらい。登りはきつくて下りが遅すぎて詰まってしまう。速度一定で先導しているのか?

ヘアピン過ぎた登り返しで落車が発生。遅れた集団を待つためリアルスタートは心臓破りまで延長されました。(Day-2のローリングスタートは下りも良い速度で走りやすかったです)

2周目に入るあたり?で8名ほどの逃げが形成されました。サイクルフリーダム2名+速そうな方々の計8名の逃げが発生!人数が多いため警戒しました、が遠くから見ると細い白赤っぽいジャージが!コナンっぽい。

「今日コナン積極的じゃーん!!」とか思って集団に待機したら、見間違えでした。

アホデス。逃げとの差は35秒。

(コナンはローリングスタート時の落車に巻き込まれてレース降りていました。怪我がなくて何より)

追走を開始するも、うまくまわらず差がなかなか縮まりません。イライラもつのりガヤガヤ①(すみませんでした!!)

一回、単独でブリッジを試みるも10秒程度差を詰めたところで、集団に捕まりました。

そんなこんなでラスト1周となりました。

「このまま逃げ切られるかな」と思っていたらペースアップ。乗り遅れないように集団前方をキープすると集団先頭を牽いているのはイエロージャージの選手のように見えました。チームで逃げ乗せているのでは?また、見間違え??など色々なハテナが頭をよぎりましたが、まあいいか。

心臓破りの坂を越え、ゴールを前にして最後の逃げを吸収してスプリント勝負へ。佐藤さんの後ろをゲットして右側からゴールラインへ。スプリントはもう少し踏める気がした930W。

何はともあれ、久ぶりの表彰台は嬉しいものです。

 

帰りがけ気付いたら、みんなWAKO’sのブースで洗車してもらっとるし!!

暇なので、ぶらぶら散策して車の中で寝ておったとさ。

夜は福永さんのパワトレフィードバックを貰いつつ、ご飯食べて21:30に就寝!!

Day-2へつづく・・・

 



その他2015年4月26日