伝説となった!?

廣田です。 

今日は年に1度の楽しいクリスマス。いかがお過ごしでしょうか?

やはり、クリスマスと言ったらケーキ?プレゼント?イルミネーション・・・とたくさん思い浮かびますね。

僕の周りでは、年賀状が!やら単位が!とかなり生々しい声が飛び交っています・・・

ちなみに僕は、家族に(市販の)手袋をプレゼントをして、その後チキンを食べ自分の部屋で筋トレをしていました・・・

そして早いこと残りも1週間後には、明けましておめでとうございますって言ってますね。

1年があっという間に過ぎてしまいましたが、それだけ充実していたのか、ただボーっとしてたのかもしれません。

さて本題に入りますが伝説とは何ぞや!?と思われましたよね?

これは僕の事なんですが、今になって考えるとありえない!!ってお話です。

とあるチームの練習会にて、1つの面白伝説が生まれました。

最初は見学ということで、それなりの格好に普通の運動靴で集合場所まで車で送ってもらい、そこで見た光景は赤のジャージのいかにも強そうな人達が!!

自己紹介を済ませたあとじゃあ行こうかと言われ、なぜか自転車を組み出す。

あれ見学だよな・・・

そのまま80キロを引きずり回されていたそうで・・・

しかも集団で走るのも初めて、ましてや下ハンドルなんて握ってすらないほんとド素人以下で、なんで集団の前を走ってるんだ!!と悶々と走りました。

集団から遅れても王子様がお待ちになってくれていたり、何度も気遣っていただいて楽しくもあり自分の中の何かが変わった1日でした。

今となっても「あのフラぺ短パンの力也が(笑)」と面白いネタです。

でも、この日が無かったら。

僕が最初に遠くへ走りに行きたい!と言って自転車を買わなかったら。

このチームに憧れていなかったら。

そしてこんなに親切で面白くて強いチームに出会わなかったら。

本当にこんなことってあるんですね。

今回は言葉だけになってしまい、とても殺風景ですね・・・

せっかくなので、今年のベストショットで最後を締めくくろうと思います。

長い文章にお付き合い頂きありがとうございます。

では皆さま残りも少ないですが、気を付けてお過ごしください。



その他2015年12月25日