「スプリントって、どんな感じ?」

2016/2/15-2016/2/21

こんばんは。

簑原です

 

●今週の出来事

「スプリントって、どんな感じ?」

土曜日にS君と話しながら、いろいろ考えました。今まで感覚的にやってきたことを文字に起こすことで良い点・悪い点出てくるのではないかな。

 

1.自分が意識していること

①ケイデンスを高く保つこと

→スプリントの時は感覚的に100〜110rpmくらいで回すようにしています。100rpm以下だとハンドルを無理やり引いて、自転車をこねてしまう。

レースでの実績値

・2015/4/25 群馬Day1 111rpm

・2015/4/26 群馬Day2 121rpm

・2015/11/8 ツールドおきなわ 107rpm

②頭を低くすること

→体重57kgと軽量級なので、なるべく頭を低くするようにしています。少ないパワー

を要領よく使う意識。

もう少し低い体勢取れるのかな?

③ゴールラインを見ること

ゴールまでの距離感が大切。あと顔を上げることで事故の確率を減らしたい。安全第一。

 

2.じゃあ、プロが意識することとは?

スプリントと言えば、真っ先にマークカヴェンディッシュが思い浮かびました。都合が良いことに、カヴェンディッシュがスプリントで意識することの動画がありました。

①ギア比

→高めに保つ

②ボディポジション

→低く保つってことかいな?

③真っ直ぐ走る?ゴールラインに辿りつく?

→うまく聴き取れず(泣)

この中で、すぐに改善(意識)できるポイントと言えばケイデンス。

いったい何rpmが最も良いのか?

 

3.プロ(?)のケイデンス

文献でプロのレースデータを解析したものがありました。ロードだと約13秒間のスプリントで100-117rpmのようです。ギア比と速度の関係上このケイデンスに落ち着くのか、このケイデンスが最も効率が良いのか。まだ1報しか読んでないし、もう少し調べないと。

 

 

●今週の練習

(月)休み

(火)SST 20分×2、SST 15分×1、1分240〜250w+1分290〜300w×5

SST〜L4メイン。単調なL4以外にインターバル意識も。

(水)SST 30分×2

アワーレコードの動画見ながら1時間走に挑戦するも、飽きたので30分に変更。

しっかり、1時間分かけたので良し。

(木)SST 20分×2、1分240〜250w+1分290〜300w×6

(金)送別会

(土)外練。120km

さくっと周回練習。最後抜け出しを図るも、アウターで踏み切るには坂が急だった。

ギアの選択とか大事だな。

(日)外練。90km

荒川サイクリングロードSST40分。向かい風やばかった!!

 

 



選手日記2016年2月22日